リーンビジネスアナリシス実践研修[オンサイト]は、ビジネスとITの
融合によるビジネス変革の現場で実践し、 その有効性を確認した、
ビジネスアナリシスの有効なプラクティスを修得するための、オンサイト
研修プログラムです。
このコースの学習目標は以下のとおりです。

・ビジネス要求を開発するために詳細で段階を踏んだ手続き(ビジネス要求の引き出しを準備し、ファシリテートし、分析し、文書化する)を学ぶこと
・業務担当者と直接、可能なかぎり最善なビジネスソリューションを開発すること
・いくつかの観点からなるビジネスモデルとビジネスルールを創りだすこと
・ビジネス戦略、語彙(ボキャブラリー)、ビジネスルールとプロセスモデルをバランスさせること
・より堅牢な要求の開発にあたって、ビジネスルールを利用すること
・プロジェクトとビジネスの整合性を継続して保証すること
・適切な業務担当者が適切なときに適切な方法で参画すること
・事前に阻害要因を識別し、高くつく下流の手戻りと遅延を避けること
・ITプロジェクトのリターンに対する自組織の投資を保証すること
・広範な経験を通して最適に調整されたベストプラクティスを学ぶこと
・現場における成功と失敗の原因を理解すること
 カタログのダウンロードはこちら
このコースの学習目標は以下のとおりです

・スマートで、もっと効果的なビジネスアナリシスを遂行する
・ビジネスプロセスにおける意思決定を識別し分析する。
・ビジネスルールを収穫するための効果的なプロジェクトを組織化する
・明瞭で、業務と親和性が高いビジネスルール記述を書く
・堅牢なディシジョンテーブルをつくりだす
・どの技法、いつ使うかを知る
・業務担当者とディシジョンロジックを評価する
・ディシジョンロジックの変則点を識別し早期に修正する
・コンセプト分析を実施し、構造化業務語彙を開発する
・適切な業務構造の見える化を行う。これにはファクトモデル、意思決定構造図および依存関係図を含む
・システムデザインの一部として、スマートなQ&A対話を開発する
・ビジネスルールの包括的なトレーサビリティを確立する
・実務的なビジネスルールマネジメント・アプローチを開発する
 カタログのダウンロードはこちら