いよいよ第1期開塾!!
ビジネスとITの融合を実現し、ビジネス変革をリードする
これからのIT人材のための、プロフェッショナル人材養成塾
開催日程
(隔週全5回)
第1期日程:2013年4月以降開催予定(調整中)
19時から21時までの2時間
開催場所 学士会館 (予定)
東京都千代田区神田錦町3-28
定員 12名(1社からは3名様を上限とします)
受講料 100,000円(税込)
対象者 「ビジネスに寄与する高度ICT融合型人材」としてのビジネスアナリシス・ プロフェッショナルをめざすICT技術者・SEおよびICTコンサルタント
教材 テキストに加えて次の副教材を提供いたします。
「ITエンジニアのためのビジネスアナリシス入門」 ~ビジネスルールによるソリューション構築
監訳:宗雅彦、翻訳:渡辺陽子 (日経BP社刊)
講師 株式会社サイクス 宗雅彦


閉塞感に覆われているとされる日本のビジネス。しかし私たちは、このような経営環境にあっても、市場創造につながるイノベーションを生み出すことで、力強く発展し、躍進する ことができるはずです。
そこで「リーンICT経営」の体系を具体的に理解し、実務への効果的な適用につなげる ことができる「ビジネスに寄与する高度ICT融合型人材」のための「ビジネスアナリシス・ プロフェッショナル養成塾第1期」を開催いたします。

  • リーン経営とは、合理的な意思決定と強い意志に裏付けられた実行を俊敏に 実践することで、イノベーションと市場の創造を実現する経営のことです。
  • リーンICT経営とは、リーン経営をICTシステムで支援することで、リーン経営の 合理的な意思決定と効率的な実行を高度化することです。
  • この養成塾の対象であるビジネスアナリシス・プロフェッショナルとは、リーンICT経営の実践にあたって、俊敏な意思決定と実行をICTシステムで支援することで、 高度化を実現する人材のことです。
  • そこでこの養成塾では、ビジネスに寄与する高度ICT融合型人材としてのビジネスアナリシス・プロフェッショナルが、リーンICT経営の実践に必要とされる「リーン ビジネスアナリシス」の体系と、そのプロセスおよび適用方法を具体的に理解する ことで、実務への効果的な適用につなげることができる人財のスキル開発を目指します。

  • 養成塾のアウトライン(全5回)
    1. リーンビジネスアナリシス概論
    1.1   リーンビジネスアナリシスの目的
    1.2  リーンビジネスアナリシス・プロセスのデザイン
    1.3  プロジェクト化する
    2. 現状認識とビジネス目標の設定
    2.1   現状認識と目標設定のプロセス
    2.2  現状を認識する
    2.3  問題を明確にする
    2.4  目標を設定する
    3. ビジネスモデリング
    3.1   解決すべきイシューはなにか
    3.2  イシューの体系化
    3.3  情報分析する
    3.4  ビジネスモデリング
    4. ビジネスプロセスマネジメントとビジネスルールマネジメント
    4.1   ビジネスプロセスモデリング
    4.2  ビジネスルールマネジメント
    4.3  プロセスとテクニック
    4.4  シンプルでリーンなプロセスをデザインする
    5. ビジネスアナリティクスとビッグデータ
    5.1   ビジネスアナリティクスとは
    5.2  ビッグデータがもたらす価値
    5.3  ビジネスアナリティクスのプロセス
    5.4  ビジネスモデルの進化


     カタログのダウンロードはこちら


    ※お申し込みの際は、「お申し込みから受講までの流れ」をお読みください。